デザイントリニティー25


デザイントリニティー編集者/牧村

DF_ime_025

第廿伍回〈アイデアの作り方〉

何か新しい物を生み出す方法として、違う2つの物を合わせるというものがあります。具体的に言うと、例えば「うどん」。小麦粉と水を練り合わせる事で「うどん」の麺が出来ます。小麦粉だけでも水だけでも「うどん」には成りません。これは物事の真理に近いことで、人の生命も男性と女性という2人が合わさる事で新しい生命が生まれます。水も酸素と水素が合体したものです。様々なものが合わさる事で新しい何かが生まれます。道場で学ぶ武術もこの原理をもちいています。意識と呼吸を合わせることで無限の力が現れます。これが本当の力なのですが、なかなか上手く合わせる事ができません(汗)たぶん頭で考えて行っている限り無理ではないでしょうかね(汗)体が無意識に反応して自分では何も考えなくても出来る状態じゃないと出来ないように思います。どちらかというと私は頭で考えて行動をするタイプじゃないですが、そんな私でもうまくいきませんね。まあ、あるときにフッとできるとおもいますよ(笑)たぶんね。デザインでも似たような経験がよくあります。よいアイデアが浮かばない!どんなに考えても何も浮かばない。そんなときは、考えるのを一旦やめる事です。でまったく違う事をする。別の仕事だったり運動だったり、映画をみたり、誰かと話をしたりと。すると不思議な事に別の事をやっている時にフッとよいアイデアが浮かんだり考えがまとまったりします。これは不思議な現象ですがよくそんな事があります。なぜなのか?理由や原理はわかりませんが、本当です。これって先に話をした武術での話と似た部分があるように思います。色々考えている回路と、全く別の事をしている回路が合わさって新しい物としてアイデアが生まれる?そんな感じではないでしょうか(笑)話は少し違うかもしれませんが、体を鍛えるためにうちの道場では普段の動きと違う動き(逆)をします。たとえば逆立ち。普段の生活では頭が上で足が下です。これを逆にしてみる。つまり逆立ちの状態です。これは体のバランスを整えるのに非常によい方法だとか。皆さんも考えに詰まったときに、逆立ちをしてみてはいかがでしょうか。きっとよいアイデアがうまれますよ。

公開日/2018年09月08日



関連記事