わらしべ長者実験室【1】プロローグ


わらしべ長者実験室編集者/柏子見(企画・撮影・文)/小倉(ページ編集)

松下電器、現在のパナソニックの創業者、松下幸之助は面接の最後に必ずこう問いかけたという。

「あなたは運がいいですか?」

そして「運が悪いです」と答えると、どんなに学歴や面接が良くても、即不採用だったらしい。

有名な話ですが、そもそも「運」と言うのは曖昧なもの。
何をして運を良しとするか、そもそも個人差があるものなのか…
それは誰にも分からない気がする。
 


 
そこで今回の実験室では、その「運」を見える化してみようと思う。

名付けて「オフサイド わらしべ長者実験室」
 


 
ここに一万円がある。

これをオフサイドのスタッフに渡して、
果たして一万円以上の価値ある物を手に入れる事ができるのか?
「運」に関する、壮大な実験を始めたいと思う。わらしべ長者候補に選ばれし者は、
コピーライター歴2年、坂口雄城(29歳)だ!!

わらしべ1-1

「坂口くん、なぜ呼ばれたか分かるかい?」
「いえ、ぜんぜん…」
「実は…カクカクシカジカ…」
「…はあ…そうですか…けど、なんで、僕がわらしべ長者に…?」
「君は少し前に彼女にフラれたよね?」
「そんな事、公共のネット上で言(ゆ)わんでも…」
「人は、彼女にフラれた時、二通りに考えるのものなのだよ」
「…はあ…」
「これは不幸の始まりか、それとも不幸の打ち止めか…」
「つまり、ボクは後者やと?」
「その通りだ。これから、運気が最も上昇する漢。それが君なんだよ!!」

「ここに1万円札がある」(つばを飲み込む坂口)

「やましいお金では無い、これを君にあげよう。
 これを元手に君がどこまで登り詰めるのか
 見届けてみたい。

 さあ、受け取りなさい」

「どうだ、何か見えるか?」

「…はい…」
「…ドバイが見えます…」
「いいね、そのフォトジェニックなイマジネーション」
「名古屋より先に、
 地元和歌山にリニアを通して見せますよ!」
「おお、すごいぞ!それは」
「もう陸の孤島なんて呼ばせないぜよ!」
「今日から君の事は、わらしべ竜馬と呼ぼう!」

 

「ところで、ひとつお願いが」
「なんでも言いたまえ」
「1万円、くずしてもらっていいですか?」
「なんで?」
「一発で終わってしまうんも何やから、
 小分けにしてリスク分散しょうかなと」
「なんか小さいな…
 まあいい。ほら、5千円札一枚と千円札5枚ね」
「ありがとうございます!」

現金を手にした途端、坂口の表情が変わった。
何かが憑依したのか?
それは果たして、わらしべ長者なのか?それとも?

「グッドラック!」

坂口雄城、2017年末に見せた、その年一番の笑顔。

(続く)

公開日/2018年01月26日



関連記事