23 Advertising is Takuya Onuki Advertising Works 1980-2010


脇道堂書店 〜わたしの一冊〜編集者/柏子見

脇道堂書店_横長タイトル
基本的に本を読むのは好きなほうなのでいろいろ考えていたのですが、
たまにはいいかなぁと、新刊で気にっなって手にれた本のお話。
装丁が気になる本、ってありませんか。
いわゆるジャケ買いってやつでしょうか。
今回紹介する本は久しぶりにそんな心をくすぐる本でした。 

何かのSNSでこの本を紹介しているのを知りました。

発売直後だったのでネットで検索すると結構な確率で取り扱いができませんと。
実店舗でも取り扱いがないと、、、
手に入らないとなるとさらに気になる、手に入れたい。
何とか見つけて購入できました。

作品集なんですが、ジャケ買い心をくすぐったのは、オールカラー1500ページ、図版5,000点超、テキスト500枚超、没アイデアスケッチ多数収録。“辞書”です。
その本は「Advertising is Takuya Onuki Advertising Works 1980-2010」 

この仕事をしている人なら誰でも知っているであろう、大貫卓也さんの作品集です。
載っている作品はみんな知っているようなものばかりですが、
読み物としても十分楽しめます(まだ途中ですが)。 

東京オリンピックエンブレム案の制作過程が載っているのですが結構圧巻です。
初心に帰れるみたいな本です。

やっぱり提案できるデザイナー、デザイン会社にならなくちゃですね。

2017.12.14
石川和也

公開日/2017年12月14日



関連記事