Vol.14 森秀樹は「マタギ」である


代表のひとりごと編集者/柏子見

hitorigoto_main

森秀樹は先回の「似顔絵倶楽部」の柏本同様に「ワンダーキューブ」のCGスタッフとして中途入社、
全盛期のimageのカタログコンテンツの制作スタッフとして、オフサイドを支えてきた。

職歴もバラエティ豊かで、OA機器メーカーから写植版下、
オフサイドに入ってからもCGクリエーターから大型出力やポジフィルムのオペレーター、似顔絵イベント、
現在はWeb関連の制作管理を中心としたディレクターをやっている。

森の経歴についてはこちら

柏子見もオフサイドの中で色々な事をやってきた方だが、
それに勝るとも劣らないマルチパーパス野郎だ。

そんな一見、一貫性の無さそうに見える森だが、
実はその根底に共通して流れるものがある。

それは「キュレーション」能力。

ちょっと今時風にカッコよく言ってみましたよ! 笑

何か情報が欲しい時、森に頼むとかなり的確な情報を集めてくれるのだ。

もちろん自分でもネット検索で調べてはいるのだが、何故か森の様な情報には行き着けない。

同じように山道を歩いているのに松茸見つけたり、
2km先のカモシカが見えたり、天候の変化を空気から感じ取ったり、
そう、森はまさに「マタギ」…「ネットの森のマタギ」なのだ。

さっき少し持ち上げちゃったので、少し貶めてみましたよ! 笑

多分彼には、「パソコン通信」時代から培った、ある種の嗅覚とロジックがあるに違いない。

それがこのインターネットの時代にも役に立っているのがスゴイところだ。
もう本能と言ってしまっても良いかも知れない。

今日も彼は、我々には見えない「ネットのけもの道」をトレースしながら、
様々な獲物を捉え、提供してくれるのだ!

2017年8月

公開日/2017年08月22日



関連記事