第6回:3DCG


過去仕事備忘録編集者/

m_header1512

■きっかけ

大型プリンターのコラムで書きましたが、
求人広告に「3DCG制作」とあったのに飛びついたのが
入社のきっかけでした。

自前でMacを持っていたのですが、当時3DのMacソフトは
廉価版でも30万円近くしてましたし、本格的にやるには
マシンスペックも足りません。

ウオーターマークの入るデモ版でサンプル作って
面接に行ったのを覚えてます。

■で、どうにか入社したものの・・・

3DCGのアレやコレや、
プロの先輩に色々教われると思ったのですが、
部署自体をこれから立ち上げるとの事。

この辺のいきさつは、
「Dギャラリーアーカイブ」
をご覧ください。

このDギャラリーシリーズに携わりつつ、
外からの3D制作も色々やらせていただきました。

■飲料ポスターイメージ

これから発売される新商品ということで、
実物がない場合に既存のビンや缶と合成する素材
を作ったりしました。
缶なんかは円柱に巻くだけで簡単そうですが、
画角によって見え方が変わってくるので
意外と奥が深かったりするんですよね・・・

■古い図案から陶磁器の再現

もう図案しか現存していない陶磁器を、
3Dで再現するという依頼もありました。
手描きの図案ですので、シンメトリーじゃなかったり、
球面を考慮してないイメージ画だったりしますので、
補完しながら制作します。
最終的にはメーカー様が配るポスターに使われてます。

■そして思わぬ展開へ・・・

そのほか
・オリジナルキャラクター制作
・製品製作工程のムービー
・社内報の表紙
・TVCM
等など、その都度想定外の依頼が舞い込んで来て、
苦労も多い反面、面白さもありました。

中でも印象に残っているのは、
How to本への寄稿・編集協力でしょうか。

それについては、また次回。

 

公開日/2016年09月19日



関連記事