vol.07 オフサイドのDNA


代表のひとりごと編集者/柏子見

hitorigoto_main

会社ができて40年も経つと、いわゆる会社のDNAの様なモノができてくる。

でも「DNA」って先天的なものだから、会社の場合はどちらかと言うと「伝統」と言った方が正しいと思うのだけど、かっこいいので「DNA」と呼びます(笑)

「DNA」は結局のところオフサイドの創業者のパーソナリティに依ることが大きいと思う。

つまり「堀田」、「前」、そして創業社長の「安藤」の三人。

この三人を端的に表すなら、

堀田は「クリエイティブ」

前は「営業力」

そして安藤は




…「変人」…(笑)

三人のこの個性を裏付けるエピソードは枚挙に暇がないがないので、又の機会に譲りたいが、
ともかく、まったく個性の違う3人が、オフサイドというフィールドの中で、
微妙にバランスを取りながら切磋琢磨して来た…それがオフサイド「DNA」の源流。
多分そのどれか一つが欠けてても、今のオフサイドは無かっただろうと思う。

そして今その流れを、ほぼ同時期に入社した、「野村」「高橋豊」「柳沢」そして「柏子見」の、これまたバラバラの個性の四人が、受け継いで守っているのだ。

「クリエイティブ」は野村が、

「営業力」は、柳沢、高橋が、

そして「変人」は…



…「僕ですか?」…(笑)


…「こ、光栄です」(笑)

…でも、安藤を5万倍に希釈した変人(当社比)と注釈を付けさせてください…

じゃ、オフサイドの「DNA」って具体的に何なの?という事になると思うのだが、
それは、これからオフサイドのスタッフを一人一人取り上げ、僕なりに紹介していく中で、
伝えて行けたらいいなと思います。

乞うご期待!!

公開日/2016年05月30日



関連記事