デザイントリニティー04


デザイントリニティー編集者/牧村

DF_ime_004

第肆回〈平常心〉

最近の流行の言葉で「ルーティーン」というものがあります。決まった動きを繰り返して行うことで心の安定をはかるものです。平常心というヤツですね。私が道場で習っている太極拳でも、「ルーティーン」ではないですが、「平常心」というのが大事だと学びます。心を常に一定に保つこと、普段から気持ちを穏やかに保ち、何が起こっても乱さないようにする事を訓練します。これが心の部分で、肉体の面では「リラックス」で力を入れない事を訓練します。この2つの面を鍛えることで自分の本来持っている力が最大限に発揮できるというものです。心と体ですね。仕事で何かを制作する時に、調子の良いときと悪いときがあります。アイデアが次から次と出てきてサクサクと仕事が進む時と、まったく何も考えられない時とあります。何十年もこの仕事していて慣れていてもそんな事は多々あります。そんな時に思うのは心の切り替えかなと。出来ないときどれだけ考えても時間の無駄なので、あきらめて何もしないこと。別の全く違う仕事をするなどアタマを切り替えることをします。早く帰りテレビや映画などみてリラックスするなどです。で時間的に余裕が無くなりますが、次の日、早めに出社して集中してやります。で、まあうまく出来る事が多いです。この一連の切り替えもある意味「ルーティーン」かなと。出来ない時に出来る為の「ルーティーン」でしょうか。

公開日/2016年01月29日



関連記事